V3ファンデーションは危ない?良くない・肌荒れたからやめたの声は?

美容効果のある「針」を配合した画期的なファンデーションとして、V3ファンデーションがSNSでも話題になっていますよね!

しかし、その一方で「危ない」「良くない」といったマイナスな声も…。

V3ファンデーションを使うと肌荒れしたとも言われていますが、真相はどうなのか気になりますよね?

 

ここでは

・V3ファンデーションは危ない?
・良くない・肌荒れたからやめたの声は?

これらについてお伝えしていきます。

 

V3ファンデーションとは

V3ファンデーションは、美を意識する女性を中心に今爆発的に大人気のファンデーション

V3ファンデーションにはこれらの特徴があります。

・すべての針に「ヒト臍帯血幹細胞培養液」が配合
・塗るだけでその人のナチュラルカラーへ
・鉱物油フリーで敏感肌の人にやさしい

ここからは、これら3つのことについてお話していきます。

 

すべての針に「ヒト臍帯血幹細胞培養液」が配合

V3ファンデーションに含まれる「ヒト臍帯血幹細胞培養液」によって、美容成分がお肌の奥まで浸透します。

「ヒト臍帯血幹細胞培養液」とは、年齢の気になる肌に効果的な89種ものペプチドを含む美容成分のことを言います。

ファンデーションに配合することで、おしゃれとスキンケアをダブルで楽しむことができるんですね。

 

塗るだけでその人のナチュラルカラーへ

V3ファンデーションのカラー展開は1色のみ。

しかし、この1色で使う人の自然なお肌を作り上げることができるのです。

黄土やラピスラズリなどの天然色素とその他の成分を特殊製法によって融合させているようですね!

どんな肌の人にも使うことができる画期的なファンデーションなのがすごい!

 

鉱物油フリーで敏感肌の人にやさしい

V3ファンデーションは、タルク・フェノキシエタノール・パラベン・鉱物油・アルコール・ベンゾフェノンや鉱物油がフリー!

敏感肌の人にも安心して使うことができますね。

 

V3ファンデーションは危ない?

おしゃれを楽しみながらスキンケアもできるV3ファンデーション。

しかし、ネット上では「危ない」という声も聞きます。

V3ファンデーションが危ないってどういうことなのか気になりますよね?

V3ファンデーションが危ないと言われている理由は、上原恵理先生によるツイートがきっかけのようです。

「角質層を超えて」刺さるという表現は、薬機法の違反に当たるのだとか。

しかし、実際には「角質層まで」と表示されているため、薬事法には引っかかっていないことが分かります。

公式サイトでも、「角質層まで」と注意書きされているので、安心して使うことが出来ますね。

(※薬機法とは、医薬品や化粧品の品質や安全性を確保するために定められた法律)

 

また、針を通してファンデーションの成分がお肌に入るのではないかと言われていますがそんなこともありません。

V3ファンデーションは法律に基づいた成分を使用した安全な化粧品。

お肌に有害な成分が浸透し、アレルギーを起こしてしまうという心配はないので、安心して使うことが出来ますよ。

とは言え、ネットでこのような情報が流れると、最初は警戒してしまいますよね。

 

良くない・肌荒れたからやめたなどネットの反応は?

V3ファンデーションは良くないなどの口コミも…。

その中には、肌荒れしたなどの口コミが多いようですね。

ここではV3ファンデーションに対する口コミを集めました。

悪い口コミは少なくはないようですが、口コミを見ていると、全体的に使っていない人が多いように感じました。

気になってはいるけれど、口コミを見て迷っている人が多いよう。

更に口コミについて調べていくと、ファンデーションの色は1色なので、お肌に合わない人も出てくるようです。

つける量などを調整してみるのもポイントですね!

 

V3ファンデーションは危ない?良くない・肌荒れたからやめたの声は?まとめ

今回は「V3ファンデーションは危ない?良くない・肌荒れたからやめたの声は?」についてお伝えしました。

V3ファンデーションについての誤った情報がネットで発信されたことから、「危ない」と言われるようになったようね。

公式サイトで安全なファンデーションであることが言われているので、誤報に惑わされないようにしたいところです。

また、「良くない」との口コミも多いですが、ネットの誤報から警戒心が強くなっているのではないかと思われます。

しかし、実際に使った人の中には、良かったという口コミも多いので、気になった方は1度試してみてはいかがでしょうか。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました